💲

売上と2次流通ロイヤリティーの考え方

💡
Kaleido上における売上と2次流通ロイヤリティーについての考え方について説明します。
Kaleidoはマーケットプレイス上で発生した1次販売と、Opensea上で発生した2次流通の手数料を頂いています。

Kaleidoの手数料

プライマリーセール(1次販売):購入された広告売上の10%を手数料として頂きます。
セカンダリーセール(2次流通):流通したADT価格の10%をロイヤリティーとしメディアとKaleidoで5%ずつ分配します。

1次販売(=プライマリーセール)時の売上

Kaleido上で購入された時点で、広告売上から手数料分を差し引いた金額をKaleidoスマートコントラクトから出金することができるようになります。
現在対応している取り扱い通貨は$Matic払いのみになります。広告枠の売上から手数料を差し引いた価格を$Maticでお支払いいたします。今後、取り扱う通貨は増やしていく予定です。

2次流通(=セカンダリーセール)時のロイヤリティー

💡
現在、ADTの2次流通においてロイヤリティーが発生するのは、Opensea上で取引が行われた場合のみとなります。それ以外の手段で2次流通が行われた場合、ロイヤリティーは発生しませんので予めご了承ください。
  1. ADTを発行したメディアに2次流通金額の5%がロイヤリティーとして支払われます。
  1. ロイヤリティーの比率は固定としており、メディアや広告ごとの設定は対応しておりません。
  1. OpenSeaからロイヤリティーの支払いが行われたタイミングで、手数料分を差し引いた金額をKaleidoスマートコントラクトから出金できるようになります。
    1. ロイヤリティーの支払いが行われるタイミング・条件については、OpenSeaに依存します。詳細はOpenSeaへご確認ください。
 
Kaleido上でADTが発行されると自動的にOpensea上でコレクションが生成されます。こちらのCollectionの設定やdescriptionの入力内容の変更はKaleidoの運営までお問い合わせください。
Opensea上でのコレクションのイメージ
Opensea上でのコレクションのイメージ